この度、一戸建て新築で家を建てることになりましたので、過程を記録として残したいと思います。


by mmpvhcb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:税金関係( 1 )

(88) 不動産取得税・・・

先日、県の税務課から、『不動産取得税に係る課税について』というモノが送付されてきました。
中を見てみると・・・『課税予定額 36,300円』 と記載されてます。建物ではなく、土地購入分についての取得税みたいです。

中身を読んでいくと、どうやら8月の頭に納付書が送付され、8月末までに支払うという事になってます。更に別紙の 『不動産取得税の課税のあらまし』 という文書に目を通すと、軽減措置についての記載がありました。

① 土地を取得した後2年以内(条件付3年以内)に、その土地の上に住宅を新築した場合。
② 建物の床面積が50㎡以上、240㎡以下であること。


この二つに該当しているので、
『土地及び家屋の登記事項証明書(または登記済証)』
 『土地売買契約書』
 

を持参して減免手続きをとれば、
A 45,000円
B 土地1㎡当たり評価額×住宅の床面積の2倍(最高200㎡)×3%


このどちらかの高い額が減額されるみたいです。

私の場合、課税予定額がAの45,000円より安いので、全額が減額されて土地取得分については0円になりそうです。

ちなみに建物に掛かる取得税については、
住宅の価格(評価額)-控除額(特例適用住宅の新築:1200万円)×3%=税額

このような計算式で算出されます。評価額で1200万円以上というのは、うちのような田舎の普通の住宅ならまず越える事はないみたいなので、建物に掛かる取得税も0円になりそうです。

特例適用住宅とは、簡単に言うと、個人が自分が住む為に建てたもので、床面積が50㎡以上、240㎡以下であり、新築後20年以内の住宅だそうです。


e0142735_17244191.jpg

[PR]
by mmpvhcb | 2008-07-09 17:30 | 税金関係