この度、一戸建て新築で家を建てることになりましたので、過程を記録として残したいと思います。


by mmpvhcb
カレンダー

カテゴリ:その他の装備( 1 )

(21) 悩みどころ・・・

実は、悩んでます。なにを? って?!
『ウッドデッキ』をどうするか・・・って事です。
リビング南側に、『間口2間(3600㎜)、奥行き1.5間(2700㎜)』のウッドデッキを設置しようと目論んでるのですが、『本物の木を使ったデッキ』 にするか 『人工木(擬似木)を使ったデッキ』 にするか、大いに悩んでます。そのメリット・デメリットを私なりにまとめてみますと・・・

・リアルウッドの場合・・・
【メリット】やはり本物の温かみでしょうか。使い込んで風合いが変化するのも楽しみの一つでしょうね。希望のサイズをキット化してDIYで組み立てて設置する事も可能で、比較的安価で設置できます。(ウリンの場合は別ですが)

【デメリット】風雨や紫外線に晒されるので、経過年での老朽化が心配です。それに防水・防腐処理も定期的にしなければなりません。維持にも結構お金が掛かるかも・・・。(ウリンの場合は材料代が高くてメンテナンスは楽ですが)


・フェイクウッドの場合・・・
【メリット】支柱&根太部分の『基礎』が大抵のものはアルミの頑丈な作りですから強度面での心配は皆無ですね。最近のフェイクウッドは木の粉を混ぜたりして本物のような見た目で違和感もなさそうです。メンテナンスも楽そうですし、床板の固定がクギやビスではないので床面には出っ張りも引っかかりも一切ありません。

【デメリット】DIYでの設置はまず不可能ではないかと言うことと、金額が高くなると言う事でしょうか。


私的にはDIYにはちょっとばかし自信があるので(笑)、リアルウッドでDIY設置もいいかなぁ・・・なんて考えてます。とすると、耐久性まで考えれば材質はウリンが一番・・・。でも材料代がけっこう掛かります・・・。 安価な材料を使って10年で作り直し・・・なんて事も考えられるし、悩みどころですねぇ・・・。
[PR]
by mmpvhcb | 2008-03-14 22:28 | その他の装備